母の家の大掃除

母は物を捨てることが出来ない人です。その為一戸建てに一人で住んでいるのですが、物が増えすぎて、部屋数があるのに使えない部屋が多く、居間で生活し居間で寝ているという暮らしをしていました。その為、孫はおばあちゃんの家は汚いから行きたくないと母の住んでいる家に行くのを嫌がります。

 

自分たち兄弟が小さな頃使っていて今では必要ない物や、じゅうたんを新しく買い換えるたびにどんどん重ねて今では何重にも敷いてある居間の敷物、随分前のふとんセットで黄ばんでもう使用出来ないもの、何十年も前の服で今では絶対に着ない物、本当に色々の粗大ゴミが家にはありました。

兄妹3人が話し合い母が病院に検査入院にいっている間に部屋の大掃除をしました。母がいる時にすると、これはまだ使えるとか、これはとっておきたいとかいろいろ残さなければいけないので、全部捨てるという約束のもと大掃除をしました。

フローリングカーペットは粗大ゴミとして出しました。
引っ越し完了前日の夜に他の粗大ゴミと共にサッと運び出す予定でしたが、
あまりの重さに丸めるだけでも一苦労。
三人がかりで転がしましたが、軍手をしていても何度も指を挟んでしまい怪我を負いました。
さらに三人がかりで持とうとしてもピクリとも動かず大変困りました。

 

男性で引っ越しを手伝ってくれる方が複数名居たら良かったのですが、高齢の父に重たい物を持たせるのも心配だった為、近隣にある便利屋さんにお願いして運び出していただきました。

しかし、フローリングカーペット一本をマンションの玄関に出すという作業でおよそ一万円近い出費に。
人件費や手間賃もかかると思うので仕方ない事だと文句も言えませんでしたが、引っ越し自体にとてもお金がかかっていたので、とても苦しい思いをしました。

 

新しい部屋にフローリングカーペットを敷く時には業者さんや引っ越し屋さんにお願いする方も多いと思います。
ですが、粗大ゴミとして出したい時には自らの手で運び出さなくてはならない事にもなりかねません。

 

思っていた以上のとても多くの粗大ごみが出て、市の清掃センターへ何度も往復しました。でも、こんなに広かったんだというくらい家がきれいになり粗大ごみを捨ててよかったと思います。友人や親戚、ご近所の方、職場の方、誰でも構わないので男性の方や力自慢の方に”お手伝いのお礼”を用意して運び出していただくのが一番だと思います。

家具や生活品に気を取られすぎて床に敷いたものは忘れがちになってしまうと思うので、是非早めのご準備を。

 

 

 

PR|女性の人生|初値予想|家計見直しクラブ|お小遣いNET|GetMoney|JALカード|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|ショッピングカート|